カテゴリー別アーカイブ:

トラ日記・090928

いつもトラを応援して下さってありがとうございます。
トラは9月26日の午前0時8分に息を引き取りました。
本当にあっという間で残念で寂しい気持ちですが、トラ自身精一杯頑張ってくれたので私は前向きでいられる…そんな今です。

24日には自分でご飯が食べられなくなっていました。
急いでご飯とお薬をあげるためのシリンダーを用意して何回かに分けてご飯をあげました。
食欲はあるのに口に口内炎があるのか、喉が痛くてを通らないのか、胃が荒れてしまっているのか分かりませんが暫くするとそっぽを向く感じでした。
トラは上手く歩行も出来ない状態にまでなっていましたが、そんな状態でもトイレに入ってウンチをするとか譲れない部分もあったようです。
本能なのかもしれませんが、私にはプライドのように感じました。

25日朝、息も苦しそうでフガフガ言っていました。
病院に連れて行ったところ、かなり危険な状態だと言われました。
酸素を直に吸わせても呼吸が落ち着かない状態でした。
先生は血が薄まってしまうと嫌がっていたのですが、少しでも楽になったら…と思い点滴を打ってもらいました。
ご飯を朝食べていなかったですし、直に打って入れてもらえた方が苦しいのが和らぐだろうし、血の方も貧血とはいえ肉球と唇を見る限りそこまで低く無さそう、という事でお願いしました。
先生はそれでも少量しか入れられませんよ、と言っていましたがそれでも水も飲めない状態だったので今思ってもやっぱり入れて良かったと思っています。
延命処置はしますか?と聞かれて凄く悩みましたがしない方向にしてもらいました。
見るからに衰弱していたので蘇生処置をしてもらっても苦しませるだけだとは素人目で見ても明らかでした。
特に蘇生処置の方法の中で気付けの薬を打ったりするみたいでしたので、余計に辛そうだ…と思いました。
ただ、1%でも望みがあるのなら…と思うところもあってかなり辛い選択でした。
その1%にかける状態はもう飼い主のエゴなのか猫自身の為になるのか分からなかったので、それなら自然な方に任せようと思いました。

それから夕方まで病院の酸素ボックスに入れてもらっているのを見ていたのですが一向に良くなりそうも無く、また逆に急変する素振りも無かったので酸素ボックスを借りて自宅で見ることにしました。
先生は連れてきた時から意識は無いだろう…と言っていましたが呼びかけると瞳孔が動くので私にはあるように思えました。
何回か呼吸停止を繰り返した後、静かに息を引き取りました。

今まで体にオシッコが付いてもお風呂に入れられなかったので拭いたり水不要の泡シャンプーというのがあってそれを使ったりはしていたのですが、それでもやっぱり足が黄色くなってしまっていたのでお風呂に連れて行って足だけ洗いました。(全身は皮膚が剥がれてしまうかもでしたので大丈夫な所だけ…)
ドライヤーをかけて乾かしたらフワッフワになりました。
干し魚を近くに置いてあげたらトラの周りのニオイは干し魚に…(苦笑)。
一緒に火葬をお願いしました。
なにせ家族の指まで噛むほどの大好きおやつだったので…。

大まかにですがこんな感じの流れでした。
病院の酸素ボックスに入ったのが12時半頃なのでほぼ半日必死になっていたわけですが、気が張っていたので全然そんな時間が経ったようには思えなくてトラと最後まで戦っている時も疲れたとか全然無かったです。
人間って不思議だー…。
でも息を引き取った後は疲労がどばっと出て来てあちこち筋肉痛になりました。
今もまだ肩とか凝ってます…。

もっと、色々出来たんじゃないかな…とか思わずにはいられない短さでした。
トラがいなくなった翌日にトラの為に買った色々なご飯とか道具が届きました。
シルバーウィークだったのもあって今頃届いたものもありました。
この辺ももっと早くに買っていれば…とか後悔してみたり。

色々な体験と後悔と感じた事は今のトラのページをいじって後ほど乗せておこうと思います。
私も沢山検索して調べました。
同じように戦う人と猫さんに参考にしてもらえたら良いかな?と思っています。

ちなみに、私はみなさんが心配される以上に元気です。
ふと泣きそうになる事もありますが、トラが頑張った事を思うと前向きでいられます。
トラが亡くなった日の朝は雲ひとつ無い快晴でした。
いえ…むしろ暑い位でした(笑)。
トラとの良かった事や面白かった事を思い出してどんより~ではなく、明るくいたいと思います。

トラ日記・090923

200909232356000.jpg

!注意!
ちょっと痛い話含みます。

22日夕方に具合が悪そうで気になっていたのですが、夜には呼吸も苦しそうだったので貧血か胸水(胸近くにも少し水が溜まっているので)かで息が苦しいのかな…と心配になり病院に連れて行きました。
夜間受付になってしまうので、獣医さんには本当に申し訳なかったのですが診て貰いました。

水が300cc溜まっていたそうです。
3日ほど前に抜いて貰ったのに…!
とりあえず、翌日のPCVによって輸血するかどうか決めるのと、酸素ボックス(酸素カプセルではなく医療用ボックスです)に入れて呼吸を落ち着けて欲しかったので、その日は病院にお泊まりとなりました。

本日の朝、病院から連絡があってPCVは12との事だったので、とりあえず輸血は必要無いという事でしたが、肝臓もちょっと悪くなっているとの事でしたので、肝臓の負担を軽減出来るような薬を出して貰いました。
お薬が1種類増えてしまいました。
あわせて、白血球の数も増えているとの事でしたので、白血病も進行している…と言われました。

病院の待ち合い室で看護師さんからトラを受け取った後「先生がこちらに詳しい説明の為に来ますのでこのままお待ち下さい」と言われたのでトラを見つつ待ってました。

すると、毛と毛に段差があり、「ん…?先生が切った?」と思うような具合で毛をかき分けてみたら肉が綺麗に出てきました…。
あまりに綺麗だったので一瞬「病院での処置…?聞いてないけど…。」と思ったほどスパーンと真っ直ぐに肉と皮が分かれたのでした。
いらっしゃった先生に「これって…」と聞いてみたら先生も目が点になり慌て再度診察して頂く事になりました。

結果はたんぱく質が破壊されてしまったのでは…?という事でした。(何が原因かはイマイチ分からないのですが…白血球が攻撃してしまったのか?リンパ液が漏れ出ているからなのか?薬の副作用なのか?等)

たんぱく質が皮膚と肉をくっつけていたのですが、それが減ってしまったことで結合部分が緩くなったんじゃないかという事でした。
トラ本人は全く痛くなさそうなのですが、一緒に行った家族は血の気が引いてしまって待ち合い室で少し横になりました…。

今後も肩に小さい傷があるので、皮膚が剥がれるかもしれないとの事で持ち上げる時とか気を付けて下さいと言われましたが、本当に簡単に皮が剥がれてしまうので無茶苦茶気を遣います…。
身体も拭けなくなってしまったので、とりあえず雑菌が心配なので、オシッコが着いてしまう辺りは動物用直にかけても舐めても安心綺麗スプレーをする事にしました。
様子見つつ、皮膚が大丈夫そうなら拭いてあげたいです…。

一先ず、段々ステロイドが効いているのかどうか…という感じになってきました。
インターフェロンの方が良い気がします…。
たんぱく質だし…。
明日、相談してみます。

とりあえず、ご飯も食べない、立ち上がれない、皮膚はおかしい、水は溜まる、そして貧血というかなり良くない状態ですので、どれか一つでも善くなれるように、ちょっと模索したいと思います…。

◆追記◆
インターフェロンは時期的にもう効かないような気もしています…。
とりあえず、体力的に劇薬系のステロイドはもう辛いのかも…と思うので、漢方で代えられる部分は代えてビタミンK2とか効いてそう&副作用無さそうなものはそのままとかで対応していきたいと思ってます。
明日、病院へ水を見に行くのでちょっと相談してきます…。

トラ日記・090920

image_4.jpg

昨日は病院に行って水の溜まり具合を診て貰いました。
木曜日に抜いて貰ったので大体2日でどの位溜まるかなー…と。

結果、100ccでした。
1日で50cc…かなり早いです…。
なので、病院へは頻繁に足を運ぶ事になりそうです…。

で、投薬以外何も出来ないので、せめて何かしら発見やアドバイスがあったら良いなぁ…という事で大学病院へセカンドオピニオンをお願いしてみました。
担当の先生が色々確認して下さったようなのですが、連休中なので何処も繋がらない&時間がかかりそう…という事でまだ先になりそうです…。
一先ず、水を抜いて帰って来ました。

今日はペット用酸素カプセルを導入している獣医さんへ行ってきました。
担当獣医さんに酸素カプセルの話をしたのですが、そちらでも貧血には良いだろう、と言われたので。

ただ、移動に大変時間がかかってしまって、途中トラの具合が悪そうになったので本当に心配でした…。
一応、様子見つつカプセル内で体調悪くなりそうだったら緊急処置もして下さる、という事で諸々お願いして入れてもらいましたが、大人しく変な変化も無く無事終了。
肉球も赤くなったので、トラも多少楽になったような気がします。
知らなかったサプリメント(血を造るのに必要な成分のサプリメントです)ももらい、『そうそう!こういうのが欲しかったんですよ!』という新しい発見もあって嬉しかったです!
感じも凄く良かったので、行って良かったです。

体調が良い日にまた行きたいです。

あと、私の書き方が悪かったせいで気にされていた方がいらっしゃったので、捕捉を…↓
サプリメントはあくまでサプリメントなので薬に影響がある事はありません。
一応、獣医さんにも確認済みです。
あと、前に白血病の発症原因について予め、教えて欲しかったという事を書きましたが、獣医さんの説明不足というよりもほぼ白血病に近い形でいずれかはなっていただろう状態でありましたので、考えた予想の原因がそれじゃないか、というレベルの話なのです。
輸血をして白血球が新しい血で混乱してしまったのが原因だと思いますが、どのみち輸血は必須だったような状況でもありましたので、獣医さんが悪い!とかは当然ありません。
ただ、気持ちの問題で可能性は出来るだけ聞きたいな…というのが飼い主的な気持ちでした。

うーん、説明が難しい…。

気分や気持ちの問題ですので、獣医さんが悪いというお話ではありませんので、誤解しないでくださいね。

ちなみに、今日の画像はトラ、カプセル終わって帰宅後、です。
耳がいつもよりピーンとしています。
スコティッシュの血があるせいか元気な頃から耳の先の方は下向きだったのですが、最近特に耳がヘタンとして元気無かったので…。
筋肉も日に日に落ちていたので、酸素カプセル入って多少筋肉も活性化したのかも!?です。

トラ日記・090917

image_3.jpg

PCVが10になったという事もあり13日にグンの血を輸血しました。
帰って来たトラはそこそこ元気で翌日は更に元気でした。
輸血の日は水は抜かなかったのですが、心臓付近にも少し溜まっているとの事だったので、息が苦しそうじゃないかどうか気を配りながら見る…という事で超音波で診るだけして終わりでした。

本日は私は歯医者があったので歯医者へ、トラのお腹が大きくなってきたので水抜きに家族に病院へ 連れていってもらいました。
PCVは今日はそこまで低くなさそうだったので計らないで貰いました。
PCV調べるにも血を抜くので、出来るだけ大事にしたいので…。

水は300ccちょっと摂れました…。
かなりの量です…。
見るからに体のシルエットが変わったので、偉いこっちゃです…。
今日はちょっとお疲れか元気も少なめ…かなぁ?
一応、土曜日にまた水がどうなったか診たいから連れてきて…と言われたので病院行って来ます。

それにしても、白血病ウィルスが無いのに白血病になっちゃうってどうして…とそればかりです。
ちなみに、病原体が存在しないので感染はしないようです。
お薬は変わらずです…。
病原体が無いので抗がん剤もX線治療も出来ず、ただ体内に正常になるように働きかけるだけの受け身体制です。
一先ず、身体に良いと言われている治療法は試したいと思います…。
今は白血病にも有効と噂のサプリメントを与えています。
結構前から水もハワイ水です。
ペットに良いらしいので…。
私も味見しましたが超美味い水です…。

あとは、情報提供してもらったペット用酸素カプセルに連れていきたいです…。
貧血にも良いらしいので。

余談ですが、トラのご褒美用に干し魚のおやつを買いました。
これが無茶苦茶美味いらしく凄い反応で、家族が手であげていたら夢中で食べていたトラに噛まれて血がどぱーっと出ました…。
構わず干し魚を欲しがるトラ、血が出てパニくる私と家族…ちょっとしたカオス状態でした…。
それ以来、お皿であげるようにしてます。(でも、おやつなので健康面的にあんまり良くないので本当にちょこっとしかあげませんが…)

トラ日記・090913

結局、具合もあまり良さそうじゃない&予想としてPCV11~10の間かな…?位でしたので家族に病院へ連れて行ってもらいました。(私はお仕事…)
ここ数日、足が腫れたり腫れが引いたりという感じでしたが輸血の時にも足がむくんだりしていたのであまり気にせずにいましたが…

病院へ行ったらやけに体重が増えている事とお腹がぷよぷよしている事で先生が超音波の機械で調べてみましたら、お腹に水が溜まっていました。
リンパ液が漏れ出ていたようで、抜き取ってもらいました。

そのリンパ液が漏れ出ているのを踏まえて先生の診断では白血病になったのではないか?との事でした。
今までの状態でも、いつ白血病になってもおかしくない状況だったので恐らく発病しているだろうと。
あとは、輸血を数回した関係で白血球が正常だったのが異常になってしまったのでは…と。
(というか、輸血によって白血病が発症する恐れがあるのは予め教えて欲しかっ…た…かも…なのですが…)
断定はウイルス性ではないため、骨髄液を採らないと分からないようなのですが、採って白血病と分かっても治療法が変わるわけではない、との事で検査はしない方向でいる感じです。
検査の為にはどうしても全身麻酔をしないといけないので、かなりリスクが高いので…。

ウイルス性白血病は沢山例があるので調べようがあるのですが、ウイルス性ではなく突然体内で起こってしまったものなので、事例が少なくサッパリ分かりません…。うう。
症状としてはウイルス性も否ウイルス性も同じなのですが、病原が無いのとあるのではやっぱり違うんじゃないかな…とも思ったりします。
その辺同じかどうかの判断材料も無くてどうしたもんかという感じです。

とりあえずは、今後様子を見ながら別の病院も視野にいれつつ(今の病院に不満があるわけでは決して無いのですが他に言ったら何か発見や新しいアドバイスがあるかも?と期待しているところもあるので…)ちょっと考えたいと思います。

発病していない可能性もゼロでは無いので…発病していないのが一番良いのですが…(>_<;)難しそうです…。 今日は(13日)グンの血を入れる事になりました。 いつもは輸血後は病院にそのままお泊りなのですが、亡くなってしまう可能性が以前より増えたので輸血完了後受け取りに行く感じになってます。 昨日水(リンパ液)をお腹から抜き取ったからか昨日より元気なトラ…。 でも黄疸は出ているとの事&おしっこが異常に黄色いので(お薬のせいでもあるのですが以前とお薬変わっていないのに黄色い色が濃くなったので…)調子は今ひとつ?という感じです。

トラ日記・090911

前回のトラ日記の日の翌日(9/4)に病院で診察してもらいました。
PCVは13~14の間と言われ、先生も驚きの良い状態で輸血後かなり経っているのに減っていないのでとりあえずは輸血は必要ないでしょう、という事でお薬だけ貰って帰ってきました。
その後9/6までは元気でしたが7日には元気が減ってしまったように思われました。
それでもまだ元気な方でPCVもさほど下がっていないんじゃないかな?と言う感じでした。
んが、お薬(ステロイド)をあげる際にいつもならご飯と一緒に食べるのですが、その日はステロイドだけ残ってしまった状態になったので、カプセルと同じく口を開けさせて薬を口に入れました。
それが、舌に当たってしまったようで結局泡を吹く事になりまして、前回の泡の状態と同じく食欲急降下、具合も悪そうになり今現在進行形でダウーンとしております…。
ご飯を警戒するようになってしまうので、泡を吹くと本当に厄介です…。

9日、あまりに元気が無いので病院へ。
PCVは11~12の間くらいだ、と言われました。
そんなに緊急に輸血も必要無さそう…という事でまたまた様子見に。
何故かヘモグロビンが増えていると言っていました。
ヘモグロビンも大事なのでそれはそれで良い事…かなぁ?と思いつつ
PCVは下がっているというなんとも不思議な状態で複雑です…。
全部が下がるよりは良いのだと…思う…。

とりあえず、色々なアドバイスを参考にして、カプセルを飲みやすくする為にハチミツを止めてオブラードを小さく切って端っこをねじって包んで水にくぐらせて口を開けさせて入れる形にしました。
今のところよさ気なので今後もこの方法で続けて行きます。
あとは、ステロイドで泡を吹かないように、空カプセルを買って来て薬ギリギリのサイズに切って小さいカプセルを作ってご飯に混ぜました。
今の所は微妙ですが、最悪口を開けさせて直に中に入れてもそのままよりは全然良いので、この方法もしばらく続けるつもりです。

ただ、ご飯そのものが楽しくなくなって来ているようにも見えるので、なんとかおやつとかあげつつ、食事は楽しいものだ、と思わせないと…!という感じです。
あんだけがっついてたトラが数回に分けてご飯を食べるのを見ていると心配になってしまいます。

あと、1~2日様子を見てやっぱり調子悪そうだったらもう一回病院行ってきます。
(ただ、病院に行ってPCV調べるのにも血を抜かないと…なので出来ればあまり行きたくはないんですよね…ううう)

トラ日記・090903

image.jpg

トラは前回の輸血後、元気も肉球も同じ位で順調です。
カプセルのお薬はご飯に混ぜても食べないので、口を無理やり開けて喉の奥までぐいっと入れて顔を上げさせて閉めてゴックンとさせるのですが、毎回大変です
薬がベタベタして口の中でくっついちゃいそうなので、ハチミツを付けてます。
私自身薬飲むのが苦手なので、嫌がるトラを見ていると何とも酷い事をしている気分になります。
人間だって嫌な事、猫だって嫌だろうなぁ…と。
せめて、もう少し小さいカプセルか、粉を固めた錠剤しかも苦い薬は糖衣にして欲しいなぁ…と飼い主心的に思うわけです。
あと、苦い薬を飲んだショックで以前失禁したんですが、そのせいで失禁した場所がトイレ化しちゃって困ってます…。
おトイレシートを敷いてなんとか…という感じですが、徐々に広がりを見せるトイレゾーン…。
調子良さそうなので、今はゲージ外が主になっているのですが…どうしたものか…。

一先ず、明日辺りには状態がどの位になったか診てもらいに病院行って来ます。

ちなみに、今日の写真は喜んで尻尾ピーンとしているトラです。
トラ…ピーンどころかむしろ海老ぞりな勢いで尻尾が曲がっているのですが…だ…大丈夫なのかな…。

<重要>供血に関してお知らせです。

輸血時に血液型検査を行うと言っておりましたが、クロスマッチテストでトラの血と合うかどうか調べているので、血液型は判定しなくとも問題無い…との事でした。血液型が予め分かっている方が来て頂いた際にそのままお帰り頂く可能性が減るかな…?程度なので、血液型を計るというのはあまり考えなくて良いと言われました。
一般的に血液型が分かってから…という感じでしたので調べた方が良いと思ってましたが、キッパリ要らないと言われてしまったので要らない方向でお願いいたします…ase_02.gif
また、クロスマッチテストの際に白血病かエイズかどうかの判定も行われております。
あと、簡単な健康診断もしますのでもし、ドナー猫さんの具合があまり良く無さそうでしたら延期になると思います。

よろしくお願いいたします。

それから、大変有難い事に沢山の方からドナーお申し入れのご連絡が届いております。
沢山の方の優しさと勇気に感謝で一杯の日々です。
このまま、さらに増えれば増えるだけ、我が家的には嬉しい限りなのですが、それはそれで必要以上にご協力を煽っている事にも繋がりかねませんので、一旦募集を締め切らせて頂きたく思います。
飼い主さんの「うちの子が呼ばれるかもー…ドキドキ」という状態を広げすぎるのは私としても恐縮で勿体無いというか、申し訳ないというか…。
勿論、「気にしないよ!必要になったら呼んでくれて良いよ!」という方は引き続きご連絡下さい。

今のトラはかなり状態が上向きで、以前までは下がるしかなかったPCVが上がったり下がったりでほとんど平行線、という状態です。
平行線はかなり頑張っている方で下がり続けて輸血しか方法が無い…という切迫した状態に比べたら本当に嬉しい状況なのです。
先日、輸血を再び行いましたが、今はこれによって水準を上げられるかどうか…という感じです。
水準を上げてそのまま平行線、の繰り返しが出来ればトラの血液も暫くは安泰ではないか…!?と素人考えで期待したりしています。
勿論、自力で血をモリモリ作ってPCVを上げられたら一番良いのですが、それは一番の理想として、今の目の前の目標はとにかく下がらない事…です。
でも、本当に分かりません…。
まだまだ様子見な日々です…。

ですが、このように様子を見れる状態になってる…という事は切迫した状況は脱している形ですので、今ドナーお申し込み頂いている皆様にはかなりお待ち頂く事になると思います…。
完治しました!なら話は早いのですが、そうでもなく、また緊急な事態が出てきてしまう事もあるかもなのですが、とりあえずは、我が家にも猫がおりますので輸血のお願いの連絡は先になるかと思います。
ご協力表明して頂いてお待ち頂くのもそれはそれで恐縮なのですが、何卒ご理解とご協力、お願いいたします。

トラ日記・090831

200908301221000.jpg

トラ日記滞りましてご心配おかけしました
仕事がえらい厳しい状態になってお仕事先に迷惑かけまくり…でした。すみません

一応、PCV12%でした翌日、ぐったりしていたのと前の日、先生が輸血したがっていたのがあって心配になったので、お仕事が超絶修羅場状態だったのですが、延期続きだったアシスタントさんの猫さんに輸血のご協力をして頂きました。
ちなみに、私自身はどうにも作業で動けなくて付き添う事が出来ず、家族に行ってもらいました。
PCV、計りましたら13%でした。
昨日より上がってた!
でも、それでも普通猫さんに比べたらまだまだ低いので、引き続き輸血をお願いしました。
ちなみに、アシさんの猫さんは我が家の他の猫の子供であり兄弟である親族猫さんだったりします。
といっても、トラとは繋がってないのですけどね…

んで、採血も終わり病院で後ほどゆっくり輸血になるので、この日は1泊病院にお泊まりです。
輸血後、様態が悪くなる可能性もあるのでお泊まりして様子見するのは欠かせません。
一方、アシさんの猫さんは、お仕事場に連れて来て頂いてアシさんはそのまま続きの作業に取り掛かって頂きました。
マジ…ごめんなさい…。

翌日、先生から連絡が…。
16%かな、17%かな…あわよくば18%…!?とかドキドキしていたら、なんと14%…!!!!!
ちょっ…!1%って何!?

先生の予想なのですが、輸血を夜9時くらいに行って、PCVを計ったのが朝の8時だったのでまだ、体内に血が回ってなかったんじゃないか…か、もしくは、今回も腕が使えなかったので足から輸血だったのですが、足がかなり腫れていたので血が足に溜まってしまって全身に行ってなかったんじゃないか、という事でした。
ちなみに、足の腫れが引いたら、肉球や舌がピンクになった気がするので、足で滞っていた説が有効な気がします。

そんなわけで、病後一番赤い肉球記念に写真を…。
相変わらずボケボケ写真ですみません…
でも、PCV高いのを実感したかったです…
あとは、このまま下がらないと良いのですが、どうなるかさっぱり読めません…。